キーワード選定で疑問があっても記事を増やせば稼げるようになれる!

目安時間:約 10分


前回のメルマガに関して、

読者さんから質問メールがありましたので、

早速紹介したいと思います。

 

 

その前に、前回の内容について、

簡単におさらいすると、

 

 

例えば、

 

「スタバって、席の予約できるの?」

 

って疑問に思って調べたことは、

アドセンスネタになります。

 

グーグルで調べたら、

それと一緒に、

 

関連キーワード取得ツールを使うか、

http://www.related-keywords.com/

 

検索結果の下にある、

○○に関連する検索キーワード

(通称サジェストキーワード)を確認して、

 

ライバルチェックすれば、

狙い目のキーワードが見つかりますよ。

 

 

という話でした。

 

 

それについてのお問い合わせが

こちら↓

 

--------Tさん--------

 

澤村さん、お久しぶりです。

いつかは質問の返信ありがとうございました。

今日は別の質問があり問い合わせをさせて頂きました。

 

今回のメルマガであった「スタバ 席 予約」

のキーワードですが「関連キーワード取得ツール」の

Googleのサジェストキーワードの欄と

Google自体の検索で表示される関連キーワードでは

表示されるキーワードに差異があります。

 

この場合は

関連キーワード取得ツールのキーワード、

Googleの検索エンジン自身の関連キーワード、

どちらに重きを置いた方が良いのでしょうか?

 

関連キーワード取得ツールの一覧↓

 

スタバ 席に関連する検索キーワード↓

 

 

お手数ですが宜しくおねがいします。

 

--------ここまで--------

 

で、Tさんへの返信はこちら

 

--------僕の返信--------

T様

 

 

こんにちは、澤村です。

 

ご質問ありがとうございます。

 

関連キーワード取得ツールのキーワードと

Google検索エンジン自身の関連キーワードの

どちらに重きを置いたほうがよいかですが、

 

もし比較するというか、

より狙い目のキーワードか確認したい場合、

 

この二つのツールで比較するのではなく、

キーワードそのもので比較したほうがよいです。

 

 

キーワードを比較する基準としては、以下

 

1.ライバルが弱いほう

 

キーワード検索した際に、

QAサイトや無料ブログが多いほうを優先した方がよいです。

 

 

それと、

1ページ目に表示されている記事を見て

文字数をチェックしてみて、

たいした文字数でなければ、

それもライバルは強くないと判断できます。

 

ライバルが弱い場所のほうが

1位や上位表示を狙いやすく、

アクセスを見込めるので、

そちらのキーワードを選びます。

 

 

2.キーワードプランナーの検索ボリュームがある方

 

検索ボリュームが多いほうが、

検索される回数も多く、

表示される回数も多くなりやすいです。

 

ただし、上位表示されないと

そのキーワードで検索されても

自分の記事が表示すらされないので、

ライバルチェックの方を優先したほうがよいでしょう。

 

 

個人的には、

関連キーワード取得ツールでも

Google検索エンジン自身の関連キーワードでも

狙い目のキーワードがあれば、

どんどん記事にしてよいと思います。

 

(後略)

 

--------ここまで--------

 

Tさんへの回答にもあるように、

 

どちらのキーワードの方がよいか考える位なら

両方とも記事にしてしまえばいい、

というのが今の僕の考えです。

 

 

 

稼げてない頃、

 

「よりアクセスが来るキーワードを!」

 

って思ってえり好みをしてたんだけど、

 

厳選してもしなくても、

アクセスには全然関係ありませんでした(苦笑

 

 

 

その後も、キーワード選定のことが

全然わかんなかったけど、

 

シンプルに1ページ目に

QAサイトや無料ブログをチェックして

記事を増やしていったら、

本当にアクセスが来るようになりました。

 

 

その時にようやっと、

疑問や不安が確信に変わったんです。

 

 

ですので、

 

「キーワード選定がよくわからない」

 

「1ページ目にQAサイトや

無料ブログがあるかをチェックするだけで

本当にいいの?」

 

と思ってても大丈夫です。

 

 

大事なのは、

疑問や不安があってもそのやり方で進めて

記事を増やしていくことだし、

 

それを続けていけば、

僕がそうだったように、

疑問が確信に変わっていきますよ。

 

 

 

難しいことを考えて手が止まってしまうなら、

シンプルにこれでOKです↓

 

関連キーワード取得ツールや

サジェストキーワードを確認して、

1ページ目にQAサイトか無料ブログがあればGO!

 

 

どんどん記事を増やす

 

 

(たくさんのアクセスを集める

アタリ記事が出たらラッキー!)

 

 

アタリ記事が出ても出なくても

サーチコンソールの生キーワードを元に

記事を増やしていく

 

 

 

-------------

P.S.

-------------

 

今回、ご質問をくださったTさんですが、

前もご質問をいただいてます。

 

 

前回の質問については、

メルマガで紹介してませんが、

 

個別で返信しているので、

キーワード選定について、

ドンドン洗練されてってるかと思います。

 

 

Tさんみたいに質問していけば

その分だけ、疑問が解決していきます。

 

しかもタダで(笑

 

 

ですので、

ジャンジャン質問した方がお得です。

 

 

それにメールをもらえれば、

僕はとても喜びますので、

 

お互いにWin-Winって感じです!

 

 

なお、

テクニックに関する質問でなくても

ちょっとした疑問や不安でも

なんでもウェルカムです。

 

 

ご質問、ご相談、ご感想、

その他もろもろ、

絶賛お待ちしてまーーす!!!

 

sawamurajin1979@gmail.com

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

澤村と申します。 作業療法士がお金を稼いでいきます。
詳しいプロフィール

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報