キーワードのずらし方がわからなくてもお宝キーワードは見つかる!

目安時間:約 6分

 

昨日のメルマガでは、
イベント系のお宝キーワードの
見つけ方を具体的に紹介しました。

 

 

かいつまんで言うと

 

「父の日」というキーワードを元に

 

投稿する時期を確認し、

 

キーワード検索して
お宝キーワードと判断した実例を見せ、

 

そこに関連して、
さらなるお宝キーワードの見つけ方まで

 

 

私が実際に行った様子を
マジでそのまんまに紹介しました。

 

 

 

まだ見てないよって人は、
昨日のメルマガを見るか
↓を見てくださいね。

イベント系のお宝キーワードの見つけ方!具体例あり!

 

 

あのやり方は機械的で
システマチックにできるので、
誰でも出来ます。

 

 

 

キーワードのずらし?

 

 

俯瞰?

 

 

私、そんなこと
全然意識してませんよ。

 

実際に昨日紹介したやり方で
私が頭を使った部分なんて、
ほぼ0でしょ(笑

 

 

昨日のやり方なら、
そんなこと気にしなくていいんです。

 

 

 

「どんなキーワードを
選んでいいのかわからない」

 

という人は、
キーワードのずらしや俯瞰なんて
一切気にしなくていいと私は思ってます。

 

 

それより、
具体的に何を実践するのかを知り
すぐに実行することのほうが
よっぽど重要です。

 

 

 

かなり昔のことなんですが、

 

私自身が、

 

モチベーションが無くて進めてない

 

じゃなくて、

 

わからなくて進まない

 

って状態だった頃なんですが、

 

 

キーワードのずらし

 

とか

 

俯瞰

 

とか、

 

キーワードを選ぶ上で
非常に重要だと感じてました。

 

 

だから

 

「キーワードのずらし」

 

で検索して、
散々それっぽいサイトを
たくさん見てました。

 

 

でもなんか
抽象的な説明ばっかりで
いまいちピンとこなかったんですよね。

 

 

だから、
パソコンの前で作業しようとすると
手が止まる。

 

 

結局どうすりゃいいのさーーー!!!

 

っていうのが本音でした。

 

 

今振り返って考えると、

 

「具体的にまずこうやってごらん」

 

っていうものがあったら
良かったんだろうなー

 

 

そんなことを改めて思いました。

 

 

 

でもこれって、
どんな仕事でもそうじゃないですか。

 

 

私は今まで
システムエンジニアと
リハビリの仕事をしてきましたけど

 

 

先輩や上司から
具体的に指示を受けたときのほうが
悩まずにすぐに行動しやすかったし、

 

 

新人や後輩に
具体的に指示を出したほうが、
意図した通りに
行動してもらいやすかった

 

という風に感じてます。

 

 

抽象的な話や概念的なことが
ダメなわけじゃないけど、

 

自分がどう手を動かせばいいのか
しっかりイメージできるまで
きちんと落とし込みましょう。

 

 

 

もし、それが出来ないときは、
ムリに理解しようとするより、
どんな行動をすればいいかを知り
それを実行しましょう。

 

 

 

それを続けながら、
時折自分の作業を見直せばいいんです。

 

 

まず、手を動かさないことには、
何も始まらないのでね。

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

澤村と申します。 作業療法士がお金を稼いでいきます。
詳しいプロフィール

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報