○○すればザクザク見つかる!超簡単なキーワード選定作業

目安時間:約 8分

この記事内容の追記(2018年4月29日追記)

この記事は、

もともと2016年12月31日に書いた記事です。

 

 

その時の内容では、

検索ボリュームを調べてることが書いていて、

それ以外の事について書いていませんでした。

 

 

非常に重要な情報が抜けていたので追記します。

 

 

キーワードの選び方

 

キーワードの選び方で、重要なのは次の2つ

 

関連キーワード取得ツール

URL: http://www.related-keywords.com/

 

キーワードを入力して実行すると、

2語、3語の複合キーワードが

一覧となって表示されます。

 

サジェストキーワード

グーグルで検索すると、検索結果の下の方に

「○○に関連するキーワード」が表示されます。

 

こんな感じ↓

 

これらからキーワードを選び、

その上でライバルチェックを行います。

 

 

ライバルチェックとは

ライバルチェックを行う事がとても重要です。

(後述してる検索ボリュームよりも重要)

 

ライバルチェックとは、

キーワードで検索した際に、

1ページ目にQAサイトや

無料ブログがあるかどうかを確認することです。

 

1ページ目にそれらのサイトが確認できたら、

そのキーワードは狙い目のキーワードなので、

記事を作成して投稿していきましょう。

 

 

 

 

ここから↓の内容は、昔書いた記事です。

 

色々ツッコミどころがあって、改めて見ると恥ずかしいです。。。

 

でも、自分への戒めも込めて、あえて残してます。(苦笑

 

2016年12月31日に書いた内容

ただいま、記事作成を外注で依頼する準備を進めている最中です。

 

今日は、記事を書く上でのキーワード選定を行いました。

 

記事タイトル作成を外注で依頼するために必要なもので、

試しに一度自分でやってみました。

(いずれはキーワード選定も外注で行うつもりですが)

 

 

実際の手順

利用したのは、

Google adwords(キーワードプランナー)goodkeyword

だけです。

 

例をあげて説明すると、

「結婚記念日」というキーワードでgoodkeywordで検索します。

すると関連キーワードが表示されます。

それを今度はキーワードプランナーで検索する。

 

2語、3語での検索ボリュームが表示されるので

ある一定以上の複合キーワードを抽出する。

 

ただそれだけです。

 

ほぼ頭使ってません。手を動かすだけです。

ただ、それをやってて思うところがありました。

 

キーワード選定作業をした感想

キーワード選定がものすっごく楽!!

今までは、検索ボリュームのあるキーワードを見つけて

ネットで調べて、記事が書けそうか確認してました。

 

それで「ちょっと記事を書くの厳しいな」って思うと

また、キーワード探し。同じようにネットで調べての繰り返し。

 

そうやっているうちに、やる気を失っていき・・・

というパターンでした。

 

 

今回は、記事を書くことを一切考えてません。

だから、検索ボリュームを見てキーワードを探すだけ

 

 

なんて楽なんだ!!!

 

 

 

アドセンスブログで記事を書こうとするとき

いつも気分がずっしり重い感じでした。

 

今は、心理的な負担がほとんどなくて

ただただ手を動かすだけです。

 

 

「ずらし」とか「俯瞰」が少しわかってきた!?

SEO対策として、またライバルとかぶらないように

ベタベタなキーワードでは勝負にならない。

だから、ライバルの少ないキーワードを選ぶ。

 

これをキーワードのずらしとか俯瞰とか言われてたりします。

私自身もよくわからなかったんですが。

 

今日キーワード選定をとにかく機械的に行っていたら、

なんとなく、わかりはじめた気がしました。

 

キーワードに対して、視点を変えるというか、

違う立場の人から見るとどんなことを思うのか考えて

その人たちが検索しそうな言葉の検索ボリュームを確認する。

 

例えば、結婚記念日という1つのキーワードに対して

夫からの視点・妻からの視点・娘、息子からの視点

とか。

 

これも全然うまく説明できてませんが、

とにかくキーワードプランナーとgoodkeywordで

検索しまくってみましょう。

 

 

結果を見ていると、

 

「あ~、そんな視点あるんだ」

「こんな言葉でも、そこそこ検索されてるんだ」

 

とか思ったりしました。

 

そういうのを繰り返していろんなキーワードを見てると

なんとなく「ずらし」とか「俯瞰」ってことを

意識するようになってくる(気がします)。

 

 

やってみない限り理解できない

キーワードのずらしとか俯瞰とか、

過去にメルマガやブログでそういった内容を読んでいました。

 

頭の中で、「あーでもないこーでもない」と考えているだけで

ほとんど手を動かしていませんでした。

 

今日やってみて、

 

手を動かしてやってみないと理解できないんだな~

 

って思いました。

 

 

実際、仕事でもそうですよね。

先輩や上司の話を聞いて、先輩たちを見ているだけで

仕事ができるようになりました??

 

お客さんの前に出て、不器用でも自分なりにやってみる。

お客さんや上司に怒られたり説教くらいながらもやっていく。

そうやって力を付けていくものですよね。

 

 

「出来ない」「わからない」って思ってても、

少しでも手を動かす。とにかくやってみる。

 

 

これを強く感じました。

 

参考になれば幸いです。

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

澤村と申します。 作業療法士がお金を稼いでいきます。
詳しいプロフィール

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報