外注を始めないのは新しい事を始めるのが面倒だからでしょ(笑

目安時間:約 15分

 

今日は、

 

外注するのを検討した際に

感じるであろうことを

お話していきます

 

 

 

まずは、

 

「外注するのは、

自分でちゃんと記事を

書けるようになってからの方がいい」

 

ということについて。

 

 

この思いをもう少し

噛み砕いて言うと、

 

 

「1記事を書き上げるのに

どうすればいいか

自分でもよくわかってないのに

 

その作業を外注さんにどうやって

説明しればいいかわからない

 

外注さんにちゃんと理解してもらって

やってもらえるか不安だから

 

外注したところで

イイ記事ができあがってくると

なかなか思えない。」

 

 

ということじゃないかと。

 

 

確かに、

自分でイメージできてないことを

人に説明して理解してもらうって

極めて困難です。

 

 

イメージできてないことを

聞かされる側は

もっとイメージできません。

 

 

 

でもね、

今イメージできてなくてもいいんです。

 

だって、

そんな人に向けた教材があるから。

 

 

 

引っ張ってもしょうがないから

いっちゃうけど、

 

私が使ってる外注マニュアルに

全部載ってるんです。

 

 

キーワードの選び方から

記事の書き方まで、

 

よくわかってない人でも

外注できるように、

 

依頼する文章から、

外注さんに渡すマニュアルまで

全部揃ってるんです。

 

 

 

私は外注を始める前、

自分で書いた記事の文字数は、

100~200字くらい。

 

 

記事の書き方はもちろん、

キーワード選定だって、

さっぱりわかってなかったし、

2年間全く稼げてなかったんです。

 

 

それでもすぐに

スタートをきれています。

 

今の%%sei%%さんの状態は

外注する上で全く関係ないんです。

 

 

 

それに、

 

「自分でちゃんと

記事がかけるようになってから」

 

って、ヘンですよ。

 

 

「ちゃんと」って

どのレベルのことか知らないけど、

 

いろんな教材を買っても塾に入っても、

「ちゃんと」書けなくて悩んでますよね。

 

 

でも、外注すれば、

記事を書けない悩みから

解放されます。

 

 

「ちゃんと」記事を書けないと悩んでるのに

その悩みを解決する選択肢から目を背けるって

言ってることとやってる事が

メチャクチャですよ。

 

 

 

あと、

 

「稼いでから外注を始める」

 

っていうのも、変な話です。

 

 

稼いでないのに、「稼いでから」

って考えるのは、

宝くじと一緒です。

 

 

当たったら何に使おうかなー

 

って言ってるようなもんです。

 

 

稼いでない状態から

稼げるようになるためにどうするか

 

それを考えるのが先ですよ。

 

 

 

それから、

 

「外注さんの書いた記事で大丈夫だろうか…」

 

っていう不安もあるかもしれませんが、

 

じゃあ、

あなたが書いた記事なら

大丈夫なんですか?

 

 

 

シンプルに考えて、

 

記事を書くのが苦手な人より、

記事を書き続けてる人、

得意な人の方が

クオリティがいいのは

当たり前の話です。

 

 

それでも、

変な記事があがってくるんじゃないか

って不安もあるかもしれませんが、

 

そんなことにならない為の注意点も

外注マニュアルには記載されてます。

 

 

私の場合で言うと、

 

過去の半年間で見て、

どんなに少なく見積もっても

200記事以上納品されてますが、

1個も捨て記事はないです。

 

 

 

さらに、

 

「外注さんに依頼するほうが

自分で記事を書くより

大変じゃないの?」

 

っていう不安。

 

 

外注マニュアルを活用した人は

みんな言ってるんですけど、

 

「自分で書かなくていいと思うと

すごく気が楽になった」

 

とか

 

「記事を書くのに取り組んでた時間が

丸々浮いて家族と話す時間が増えた」

 

っていう人ばっかりです。

 

 

これって、

全く稼げないときから

外注した人だけじゃありません。

 

 

自分で記事を書いてきて

めっちゃ稼いでいる人でさえ

 

「外注して楽になった」

 

って言ってるんですよ。

 

 

 

だから、

 

「外注することの方が

面倒に感じる」

 

というのは、

外注したことない人が感じる

不安から来る間違った思い込みです。

 

 

もし、

外注をしてるのに

自分で記事を書くより大変と感じてるなら

外注マニュアルを

使ってないから、でしょう。

 

 

 

つい先日、

 

外注マニュアルを使っていないと

大変だよなぁ

 

って感じたのが、

読者さんからのメッセージを

読んだとき。

 

メッセージはこちら↓

 

-------Sさん-------

 

はじめまして。

 

いつもメルマガ楽しく?読ませていただいてます読者Sと申します^^

 

クラウドワークスでライターさんの募集を何度かかけているのですが、

応募がひとりも来なくて。。。(泣)

 

(後略)

-------ここまで-------

 

ホントは、私の返信や

それに対するSさんのメッセージも

紹介したかったんですけど

 

「一部だけならメルマガで公開してOK」

とのことなので抜粋しての紹介です。

 

 

このメッセージにあるようなお悩みにも

どう対処するか

外注マニュアルに載っています。

 

 

だから、外注マニュアルを

もとにして始めてれば

悩まずにパパパっと進んでいくんです。

 

 

 

 

というわけで、

 

 

ここまで、

色々話しましたけど、

 

 

 

それでも面倒と感じる場合、

 

 

 

それって、

 

 

「やったことのない新しいことに

取り組みたくないだけ」

 

じゃないでしょうか。

 

 

 

どうしても、

新しいことを始めるのに

不安を感じてしまいます。

 

 

このままでいれば、

記事を書けないと

悩んでる状態でいられます。

 

 

そんな状態のときに、

新しい教材を知ると、

そのときだけは出来る気分になって

思わず買ってしまうけど、

 

 

自分で記事を書くやり方である限り

どんな教材でも塾でも

結局挫折します。

 

 

 

それだったら、

そのお金を外注費にまわして

記事を増やしていった方が、

よっぽど楽して

稼ぐようになります。

 

 

 

アドセンスをやることで、

お金だけじゃなく、

時間も使ってますよね。

 

 

家族のため、自分のために

楽してお金を稼ごうと思って始めたのに

 

記事を書くのも全然楽じゃないし、

ちっとも稼げない。

 

 

これじゃ何のために続けてるのか

チンプンカンプンです。

 

 

 

これまで稼げてないやり方に

こだわり続けることや

 

稼げないやり方に

時間を浪費するのは、

 

本来の目的に

反してると思います。

 

 

 

楽して稼ぎたいのであれば、

苦手なことを得意な人に

やってもらうのが一番です。

 

 

 

外注しない事が

稼げない一番の原因だってことに、

気付いてもいい頃だと思いますよ。

 

 

 

--------------

P.S.

--------------

 

2年以上前ですが、

 

外注を始める以前に、

私で自分で書いた

アドセンス記事はこんなん↓

 

---------ここから---------

 

○○駅の△△というラーメン屋に行ってきた。

 

午後6時時点では、

店内には数人のお客さんだけ。

 

○○円のラーメンで、

味は結構好きなタイプ。

 

値段を考えると、

コスパは普通かな。

 

あと100円安ければ、

高評価にしたけどね。

 

---------ここまで---------

 

これで100文字ちょっと。

 

外注を始めるまでの2年間

こんな記事ばっかりでしたよ。

 

 

冗談ではなく、本当にね。

 

 

 

さすがに恥ずかしすぎるので、

それらの記事は

ぜ~んぶ削除したけど(苦笑

 

 

2年かけても

こんなしょーもない記事を書く人は

いないでしょ。

 

 

そこは、

自信を持って大声で言えます!

 

 

--------------
P.P.S.
--------------

 

そういえば、
言うの忘れてた。。。

 

 

明日、重要なお知らせがあります。

 

 

ものによっては
早い者勝ちになるかも!?

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

澤村と申します。 作業療法士がお金を稼いでいきます。
詳しいプロフィール

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報