外注さんとの上手な付き合い方は自分の当たり前を押し付けない事

目安時間:約 6分

そういえば最近
外注に関することを
あまり話してないような気がしてるので、

 

この前ちょっと印象的だったことを。

 

 

 

最近契約したライターさんのことなんですが、

 

そのライターさんから納品された記事を見て
内容は全く問題なかったんですが、

 

ちょっと文字が詰まって

読みづらかったんです。

 

 

 

なので、

 

「次の記事からでいいので、
読みやすいように
空白行を適度に入れるように
お願いしますね」

 

と伝えたら、

 

「これでも十分空白行を入れていて
やや多すぎるかと思っていました。

 

どれくらいがいいのか
イマイチよくわからないのですが」

 

との返答が。

 

 

 

そっかそっか

 

自分とライターさんでは
感覚が同じなわけないし、

 

抽象的な説明では、
イマイチよくわからないはずだわ

 

質問してくれて良かったなー

 

と思い、

 

自分にとって当たり前と思ってることって
他の人からしたら、
全然当たり前じゃない

 

ってことを再認識しました。

 

 

 

ライターさんへの返信は、

 

記事の一部を抜粋して、

 

「空白行を入れるのは、
このような間隔でお願いいたします。」

 

と伝えました。

 

そしたら、次の記事からは、
こちらのイメージ通りにしてくれました。

 

 

 

それで思い出したのが、

コンビニでの業務マニュアル。

 

 

2人のスタッフが働いてて、
1人がレジを担当してるとき

 

「お客さんをレジで待たせない為に
レジに並ぶお客さんが増えたら、
2人ともレジをやってください」

 

と指導しても、
どのタイミングでレジをするか
人によって違ってしまいます。

 

 

でも、

 

「レジ待ちのお客さんが2人いたら
2人ともレジをやってください」

 

って具体的に指導したら、
誰もが誤解せずに行動できますよね。

 

 

100人が聞いても
1通りにしか理解できないように説明する
ってことを意識するのが大事ですね。

 

 

 

ちなみに、

 

私はコンビニで働いたこと
一度もありません。

 

 

聞いた話です。

 

 

--------------
P.S.
--------------

 

ネットビジネスをやってると
感覚が麻痺してきますけど、

 

世間一般の人からしたら、
ネットビジネスも
十分怪しいイメージです。

 

 

ましてや仮想通貨なんて
さらに怪しいってもんですよ。

 

 

 

自分の感覚が当たり前じゃないって
忘れないようにしないといけませんね。

 

 

--------------
P.P.S.
--------------

 

話に出てきたライターさん、

珍しくいろいろと
質問してくる方でして、

 

個人的には、質問してくれるのは
ウェルカムなんですよね。

 

 

質問するって事は
ちゃんと考えてるって事だし、
作業にズレがないように
意識してくれているから。

 

 

こういうライターさんは特に
なが~く継続していきたいですね。

 

 

--------------
P.P.S.
--------------

 

今日、
カーリング女子の韓国戦がありますが、

 

是非勝って欲しいですねー

 

 

カーリングという競技が面白いので、
ついつい応援したくなります。

 

 

オリンピックのときしか見ない
にわかファンですが(笑

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

澤村と申します。 作業療法士がお金を稼いでいきます。
詳しいプロフィール

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報