アドセンスの記事を外注したら内容は修正しないで投稿すべし!

目安時間:約 8分

今日は外注さんの記事内容の修正について
お伝えします。

 

まだ外注を始めていない方も
考え方として参考になりますよ。

 

 

実際に外注さんに記事を納品してもらって、

 

「この内容でいいのかなー」

 

って思ったことありませんか?

 

 

私はあります。

 

 

具体的にどんな風に感じたかというと
まず1つが、

 

この内容(クオリティ)で大丈夫なのだろうか
(なんか不安)

 

ということ。

 

 

外注を始めたての頃なんか、
よく思いました。

 

これ読んで意味あるのかなぁ、
書いてあることって、当たり前のことだし…

 

そんなことを思ってました。

 

 

けど、今、そんなこと
全然思いません。

 

というか、ほとんど気にしてません。

 

 

そもそも、私の常識と
ブログに来る読者さんの常識って違います。

 

 

例えば、パソコンの知識にしても、
私はシステムエンジニアをしてたので、
パソコンになじみの無い人よりかは
詳しいでしょう。

 

自分にとって当たり前と思うような知識も、
他の人はチンプンカンプンなんて、
往々にしてあります。

 

もちろん、逆に
世間一般が知ってることでも
私が知らないことだって
一杯あるでしょう。

 

 

 

読者さんにとって有益な内容が書かれているか
が大事なわけだから、

自分が知っている、知らない

なんていう基準は必要ないんですよ。

 

 

かつて、

 

「この記事の内容、
なんか薄いような気がするんだよなー

 

まぁ、どーせアクセスこないだろうけど
投稿しないと無駄になるから
投稿するだけしとくか」

 

って思った記事があったんですが、
完全に予想と反して、
今でも安定したアクセスを
集めてくれてます。

 

 

自分の基準なんてそんなもんなんです(苦笑

 

 

納品された記事の内容を気にせずに
どんどん投稿しましょう。

 

 

 

そして、2つ目によく思った事が、

 

読んでいて文章としておかしくないけど、
手直しや追加したくなる

 

これです。

 

 

もうちょっと、この情報を付け足すと
もっと良い様な気がする、

 

この文章も入れておこうかな、

 

とか思って、
つい修正してしまうこともありました。

 

 

 

やっちゃダメなわけじゃないけど、
私はオススメしません。

 

 

 

記事内容について、
クオリティを求めだすと
キリがありません。

 

私も最初の頃は、
修正したりしてましたが、
ふと気が付くと結構時間が過ぎてしまってた、

なんてことも多数。

 

 

いくら外注さんに依頼しているとはいえ、
自分の時間は限られてるわけだから
効率的に進めないと
睡眠時間や趣味の時間、家族との時間が
減るばかりです。

 

 

 

それに、
これまでもお伝えしてきましたが、
最も重要なのは、

 

キーワードとタイトル

 

です。

 

 

記事内容に時間をかけるより
そちらに重点を置いたほうがいいです。

 

そもそも、記事のタイトルをクリックして
ブログに来てもらわないことには
記事内容を修正したところで、
何の意味もないですよね。

 

 

 

それでも記事の内容が気になって
修正したい気持ちになる、
という方の場合は、

アクセスのある記事だけにしましょう。

 

 

 

先ほどもお伝えした様に、
読まれていない記事の内容を修正したって、
無駄になります。

 

 

だから、とりあえず投稿して、
ある程度アクセスがある記事だけにすれば
無駄を減らせます。

 

 

 

要は、

 

色々思うところがあっても
まずは投稿しましょう!

 

ということです。

 

 

 

記事なんて、あとでいくらでも修正できるんだから。

 

それに投稿しないと、
稼げる可能性0のままでしょ。

 

 

 

P.S

 

外注の話をしてて思い出したんですが、

 

外注を始めるのに
とんでもなく大きな方向転換のように感じている人も
結構いるんですよね。

 

 

まぁ、私自身もそうだったから、
気持ちはわかるんですが。

 

 

 

でも、今思うのは、

 

そんなに大げさに考えずに
試してみればいいのに、

 

ってこと。

 

 

まず1000円からでも始めてみれば、
って思うんですよねー

 

 

外注というと、
いきなりまとまったお金を使う
って思い込んでましたが、
別に使わなくたっていいわけですよ。

 

 

1記事200円からでも依頼できるし、
ちょっとやってみて、
自分に続けられそうか再検証すればいいわけだし。

 

 

抵抗を感じて踏み出せ無いままだと
もったいないなーって思います。

 

 

もっとも、
一度でも記事を書かずに済む楽さを知ったら、
もう後戻りできないでしょうけどね^^

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

澤村と申します。 作業療法士がお金を稼いでいきます。
詳しいプロフィール

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報