【図解】アドセンスショートコードの作成方法

目安時間:約 4分

記事を量産するための準備作業を記載していきます。

 

まずは、アドセンスのショートコードを作成します。

記事の中に挿入してもらうものです。

 

アドセンスコードをいちいちコピーして記事の中に挿入して、

となるとその都度手間になります。

ショートコードを入力してもらうだけで

アドセンスコードを入力してもらうのと同じになります。

 

外注さんが出来るだけ心地よく作業できるように

こちらでショートコードの設定をしておきます。

 

実際のやり方を書いていきます。

 

プラグインのインストール

Post Snippetsというプラグインを利用します。

 

他にもAdsense Managerというのもあります。

最初それをインストールして行ったのですが、

どういうわけかうまく設定できませんでした。

 

何時間もネットで調べているうちに、

上記のプラグインでも出来ることがわかり、

うまく設定できたので、それを記載します。

 

WPのサイドバーから「プラグイン」「新規追加」をクリックします。

 

「post snippets」と検索し、

「今すぐインストール」をクリックします。

インストール後「有効化」をクリックします。

 

このメッセージが表示されます。

 

WPのサイドバーから「設定」「Post Snippets」をクリックします。

 

「Add New Snippet」をクリックします。

 

Titleにチェックを入れて、「Adsense」と入力します。

Shortcodeにチェックを入れます。

Snippetの一番上には「スポンサーリンク<br>」を入力します。

 

Descriptionはわかりやすくするためのコメントとして

「アドセンス広告」と入力しておきます。

 

では、肝心のアドセンスコードを確認しに行きます。

グーグルアドセンスにログインします。

「広告の設定」「広告ユニット」

対象の広告の「コードを取得」をクリックします。

 

ショートコードとして使用する広告ユニットは作成しておいてください。

未作成であれば、作成してから行いましょう。

 

アドセンスコードが表示されますので、コピーします。

 

スポンサーリンク<br>の下にペーストします。

「Update snippets」をクリックします。

 

これで設定は完了です。

 

ショートコードの動作確認

では、実際に使用して確認してみます。

とある記事の中に[Adsense]と入力します。

プレビューで確認すると

 

このように表示されます。

ここまで確認できたら、ショートコードの作成作業は完了です。

 

 

参考になれば幸いです。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

澤村と申します。 作業療法士がお金を稼いでいきます。
詳しいプロフィール

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報